化粧品の口コミ

失敗しない化粧品の選び方

化粧品を選ぶ際に失敗しないポイントで重要なことは、自分に必要な成分が入っているかどうかです。せっかく高い化粧品を買ったのに効果が一向に現れない、評判がいい化粧品を使ってみたら肌が荒れてしまったという経験がある人もいるのではないでしょうか。

化粧品は全ての成分の記載が義務付けられている

失敗しない化粧品選び

化粧品の重要な役割と言えば、お肌を健康に保つことです。そのためにはまず自分の肌の状態を自覚すること。そしてその問題を解決するには、どんな成分が必要かを知る必要があります。
2001年の薬事法改正により、現在発売されている化粧品には、全成分の記載が義務付けられています。配合量の多い順に記載されており、配合量1%以下のものは順不同。また、医薬部外品では効果の認められた成分が有効成分として記載されています。この記載された情報をもとに、自分に必要な成分が配合されているか、その配合量はどれくらいかを、きちんと確認しましょう。
成分でいえば、その化粧品が自分の年齢に合っているのか、というのもポイントになってきます。20代と40代では肌に必要な栄養が異なってきますので、その化粧品がどの年代をターゲットとしているのかも大事になってきます。

 

失敗しない化粧品選びのポイントで、次に大切なのが浸透性です。いくら肌に必要な成分でも、きちんと届かなければ意味がありません。今では各メーカーが、成分を効率よく肌の必要な部分に届けることができるように、様々な技術を開発しています。それらが採用されているものを選べば、肌への効果も期待できるでしょう。

添加物が肌の負担になることもある

失敗しない化粧品選び

また、敏感肌や乾燥肌の人は、添加物の有無にも気を付けましょう。化粧品の持ちをよくするためだったり、成分を安定させるためにも、添加物は多少必要になってきます。ところが、敏感肌の人ではそれが肌への負担となってしまう場合もあるのです。肌に異変を感じたら、使用を中止するとともに医師に相談してください。無添加とうたっていても、何かしらの添加物が入っている場合も多いので、宣伝を鵜呑みにせず、自分の目で配合されている成分を確認しましょう。
最後に使い心地にも注目してみましょう。まず香り。いくら効果的な化粧品だったとして、自分が好きではない香りだったり、さっぱりとした仕上がりが好きなのに肌にベタつきを感じる仕上がりの場合、スキンケアのたびにストレスが溜まってしまいます。
使い心地がいいと満足感を得るなど、精神的にも癒されます。精神状態が肌へ与える影響は少なくないので、使い心地が肌にいかに大事かはお分かりになると思います。

 

せっかくの化粧品選びで失敗してしまったということがないように、以上のことを踏まえながら、自分にぴったり合った化粧品を上手に探してみてください。
参照:50代美容液の選び方 | ほうれい線化粧品のおすすめ

更新履歴